忍者ブログ
Admin*Write*Comment
Immortelle BLOG
[1]  [2]  [3]  [4
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

科学が進んだ現代でもなおも存在する呪いの儀式。
その呪いの儀式の一つに呪いの藁人形を使用する丑の刻参りがあります。

憎い…あいつが憎い!!

その恨みの感情が頂点に達した時、その儀式は密かに行われる。

頭に「鉄輪」を乗せ、三本の灯明を灯し、顔には丹を塗り、毎晩丑の刻に、神木に相手と同調関係を得ている物を埋め込んだ藁人形に五寸釘で呪いの念を込めながら打ち付ける。
足に五寸釘を打てば足が悪くなり、胸に打てば内臓が悪くなり、手に打てば手ぐせが直ると言われる。

元々この呪いは京都にある貴船神社から発祥したそうだ。
あの有名な平家物語にもその呪いの藁人形を使った呪いの儀式「丑の刻参り」が登場する。
舞台は発祥地とされる貴船神社だ。

現在でも貴船神社ではその儀式の痕跡が発見されているという。
貴船神社は呪詛神としての信仰があり、今もなお信仰は消えていないそうだ。
その貴船神社の神主曰く、今でも1ヶ月に一度は必ず、儀式の音が聞こえてくるのだそうだ。

木の幹に釘を打ち付ける「カーン、カーン」という音が…


真夜中、どこからともなく聞こえてくる金属音。
だが、決してその音のする方に行ってはいけない。
なぜならば、そこには鬼のような形相をした女が、呪いの儀式を行っているかも知れないからだ。
そしてそれを決して見てはいけない。
その儀式を目撃した者にも呪いという災いがもたらされるからだ。


2005040921a5773c.jpg


最近あなたの体調が優れなかったりしませんか?
足が痛む胸が苦しい。
ひょっとしたら、あなたは周りの誰かに呪いの儀式の餌食にされているのかもしれない…






しかし案ずることなかれ。
こんな言葉がある。

「呪いとは、それを呪として受け取ることで呪いになる」

つまりどういうことかと言えば、自分は呪いを受けたという認識があれば呪いは成立し、認識がなければ、その呪いは成立しないということ。

だが、日本古来より伝わる呪いの儀式は、我々が想像もつかない恐るべき何かの力が働いている可能性も無くも無い…




怖い話を募集します。
体験談や噂、人から聞いた話や心霊スポット情報、インターネットからの話など何でも結構です。
こちらまでどしどし応募お待ちしています。
PR
皆さんは『テケテケ』をご存知だろうか?
今や都市伝説の一つとなったテケテケだが、その姿をを激写した衝撃的な映像があった!


YouTube動画


テケテケとは、下半身が欠損した姿で描写される亡霊の呼び名、またはそれにまつわる話の題名である。
亡霊が、両腕を使い移動する際に「テケテケ」という音がするため、この名で呼ばれるとされる。
テケテケとは逆に、下半身だけのお化けを「トコトコ」と言うことがある。
冬の北海道の踏み切りで女性が列車に撥ねられ、上半身と下半身が切断されるが、あまりの寒さに血管が収縮してしまい、出血が止まり、即死できずに数分間もがき苦しんで死んでいった。
この話を聞いた人の所には三日以内に下半身の無い女性の霊が現れる。
逃げても、時速100~150キロの高速で追いかけてくるので、追い払う呪文を言えないと恐ろしい目にあうという。
多くの場合「女性」とされるが、稀に男性で描写される事もある。


この映像に映し出されているものは果たして一体何なのか?
本当に「テケテケ」なのだろうか?
または巧妙に作られた偽物なのだろうか?
判断は皆さんにお任せします。



怖い話を募集します。
体験談や噂、人から聞いた話や心霊スポット情報、インターネットからの話など何でも結構です。
こちらまでどしどし応募お待ちしています。
夏休み。
旅行シーズンです。
ツアーとかに参加しようとお考えの方もいらっしゃるでしょう。

この話は、実際のツアー旅行添乗員が語る旅の恐怖体験です。


このホテル・・・、結構大きいホテルで、
それまでは、出るって噂はまったく無かったんです。
4カ月前のあの日まで・・・・・

その日、
いいえ、その晩、
深夜、2時前・・・
私は、携帯電話のベルで目を覚ましたんです。
緊急連絡などが必要なときのため、
業務用の携帯番号は、幹事さんにお知らせしてるんです。

「はっ、はい・・・」

「MoMoちゃん、
Kさんの部屋、出たんだよ、あれが・・・」

「えっ・・・、あれって・・・、ゆ・う・れ・い・・・・ですか??」

「そうらしいんだ、部屋変えたげてよ。」

私は、早速、フロントに電話・・
でも、様子がおかしいんです。
私が、まだ何も言ってないのに、
「お部屋の変更ですね、後ほど連絡しますので・・・・」って。

「は、はぁ~ん、これは何かあるな」と思って、フロントに行ってみると、
既に他のツアーの添乗員やお客様等、10人以上の人が集まっていて
大騒ぎになってるんです。

「どうしたんですか、皆さん、こんな時間に」

「幽霊が出たんだ」

「えっ、皆さんも」

よくよく話を聞いてみると、幽霊の出た部屋っていうのが、全部、同じ部屋番なんです。
2△3、3△3、4△3、5△3・・・、
そして、私のお客様の部屋、8△3・・。
(6~7は宴会場です)

その時、フロントの電話がなったんです。

「はい、フロントです・・・・・・・」
電話にでたマネージャーの顔が、みるみる真っ青になっていきます。
手も震えてて・・・。

「9△3にも幽霊が出たんですか?」

「えっ、えぇ・・・、しかし、あの部屋は今は・・・・・・・」

ホテル側の説明では、
実は10年前の今日、
9△3号室から女性の飛び降り自殺があったんだそうです。
深夜2時前に・・・。
しかも、
彼女は飛び降りる前にフロントに電話してたんです。
「今から、飛び降りて死にます」って。

その事件以降、9△3号室は開かずの部屋と、なっているそうなんです。

そして、ちょうど10年後のその日、その時間、
9△3号室から女性の電話・・・・・

「今から、飛び降りて死にます」



この話は箱根にある某Oホテルの話。
旅行業界ではこの手の話は馴れていることなのだろう。

夏休み。
どこか旅行にでも出かけようとお考えの皆様、どうかお気をつけて…



怖い話を募集します。
体験談や噂、人から聞いた話や心霊スポット情報、インターネットからの話など何でも結構です。
こちら
までどしどし応募お待ちしています。
昨日関東地方はようやく梅雨明けをしたらしい。
ますます蒸し暑い夜を迎えることになるが、そんな夜はホラーで涼しくなりましょうってことで、ネットを初めとする業界は、こぞってホラー商戦に熱くなっているらしい。

怖い話といえば稲川淳二、桜金造、つまみ枝豆などの著名人の名が挙がるわけだが、その方々の話が一同に会した夏限定企画サイトをご紹介します。

無料で見れるYahoo!動画にホラー&都市伝説特集が登場しました。
おなじみの稲川怪談を初め、ジャパニーズホラーの最高峰映画『呪怨』やホラードキュメンタリーなどが見れます。
9月30日までの配信しています。
俺もちょこちょこ見てますが、結構面白いです。お勧めです。

ちなみに

稲川淳二の恐怖ブログなるものも発見しました。
このブログは心霊写真を中心としているみたいです。
興味のある方はどうぞ。


お勧め恐怖リンク
ホラー&都市伝説特集
稲川淳二の恐怖ブログ
富士急ハイランドお化け屋敷特集


怖い話を募集します。
体験談や噂、人から聞いた話や心霊スポット情報、インターネットからの話など何でも結構です。
こちらまでどしどし応募お待ちしています。
何気ないホームビデオの映像にも、その存在してはならない者の姿は映り込むらしい。
無邪気にはしゃぐ幼い男の子の背後に…


YouTube動画



男の子の背後に金網があり、その向こう側に少女が立っている。
そしてその次の瞬間、金網の向こう側にいたはずの少女が、この男の子のすぐ後ろまで迫ってきているのがはっきり映り出されている。
金網の向こう側は崖になっていて、高さや状況から見ても、そこに人が立つことは不可能だという…

一体、この映り込んだ少女は何を伝えたかったのだろうか?




怖い話を募集します。
体験談や噂、人から聞いた話や心霊スポット情報、インターネットからの話など何でも結構です。
こちらまでどしどし応募お待ちしています。
不動産屋には事故物件を取り扱っているところがあるらしい。
事故物件とはその名の通り、『事故』があった物件。
つまり、その部屋で自殺や殺人などが起きてしまい、いわくつきになった物件のことだ。
大抵の事故物件は格安の家賃で賃貸される。


243 名前:あなたのうしろに名無しさんが・・・ 投稿日:03/06/03 22:10 
怖いか知らんが俺の聞いた話。判断してくれ。

最近知り合いが俺の住む某地方都市に引っ越すことになって、
「不動産選び手伝ってくんない?」
ってことで不動産屋に。
若い不動産屋の兄ちゃんが良くしゃべるやつだったから、
長年の疑問をぶつけてみようと思って、
「あのー…幽霊物件とかありますよねえ?よくテレビとかで出る。」
って聞いたら、兄ちゃんニヤリ。
「あんまりお客さんには言っちゃダメだって上から言われてるんスけど…」
と言いながら、棚から厚手のファイルを取り出してきた。 

ファイルには「要伝達事項付物件」みたいなことが
書いてあって、いろんな物件の内部の写真とか、間取りとかが
載ってる、見かけは普通の物件ファイル。
「幽霊ってのは現実的じゃないですけどね、でも、ほらこれ…」
って取り出したのは、何の変哲もないマンションの写真と、
全戸の家賃表。でも、確か5階のどっかの部屋だったんだけど、
周りが7万とかなのに、そこだけほとんど半額。
「これって…?」と聞く友人と俺。
「この部屋なんですけどね、しばらく大学生の女の人が住んでて、
 まあ、なんてのかな、その人の彼氏がしょっちゅう出入りしてた
 らしいんですよ。」 

ここまではまあ普通だわな。

「で、ですね、この女の人が何かその彼氏があんまり自分に
 どっぷりはまっちゃったもんだから、ウザクなったらしくて、
 男の人、かわいそうに捨てられちゃったらしいんです。」
「(なんだそりゃ?)」
「で、怖いのが、まあそんなふううにいっちゃうとあれなんで
 すけど、その彼氏、いつの間にか合鍵つくってたらしいんですよ。」
「それでね、あー、その彼氏、彼女のいない間に部屋に忍び込んで…
 何したと思います?」
「(…)」 

「ベランダに縄かけて、首にわっかを通したまんま、飛び降り
 ちゃったんですよ。」
「えっ!!!」
「もちろんしんじゃいましたよ、その彼氏君。」
「何もそんな死に方しなくてもいいのに…」
「ですよね?それで最悪なのは、その女の子が帰ったときに
 テーブルの上に置手紙があったんですって。
 僕も本人から聞いたときかなりびびったんですけどねー」

『安心して、ずっとここで待ってるから』

俺たちもうガクブル。 



立地条件がいいにも関わらず妙に家賃が安い部屋は、事故物件の可能性が高い。
そういった物件を借りる際は不動産担当者に尋ねたほうが良さそうだ。



怖い話を募集します。
体験談や噂、人から聞いた話や心霊スポット情報、インターネットからの話など何でも結構です。
こちらまでどしどし応募お待ちしています。
心霊スポットとは、幽霊や妖怪の出現地または超常現象が起こるなどの風評が存在する場所を指して用いる俗称である。恐怖スポットや怪奇スポットともいう。

日本中に存在すると言われるそういったいわくつきの場所では、霊の目撃が後を絶たないと言われる。
病院や学校の跡、山中のトンネル、墓地、峠、自殺の名所→橋、樹海、岬、など(という噂がたっている場所)、過去に忌まわしい事件・事故が起こった場所などが心霊スポットとなる場合が多い。

『鈴ヶ森処刑場跡』

東京都品川区南大井にある鈴ヶ森処刑場跡は、都内では平将門の首塚や八王子城跡と同様、非常に有名なスポットであり、歴史がある。
慶安4年(1651年)に作られ、明治4年(1871年)に廃止されるまでの220年間もの間、罪人を処刑する場所とされていた。
処刑された人数は約10万人とも言われ、中には濡れ衣を着せられ処刑された者もいるだろう。
品川区の郷土史資料によると、何と処刑された者の4割は冤罪であったとのことだ。
その者達の悲しい怨念が今もなおこの場所に漂っていると言われる。

そんな悲しい歴史がある鈴ヶ森処刑場跡にはその時に冤罪で処刑された者達の霊の目撃が後を絶たないという。
まるで「私は無実だ!」と言わんばかりの勢いだ。
現代では考えられないほどの数の人間が処刑され、無念がそこには存在する。
ここを訪れる際には、その者達の冥福を祈るもを忘れずにしたいものだ。




怖い話を募集します。
体験談や噂、人から聞いた話や心霊スポット情報、インターネットからの話など何でも結構です。
こちらまでどしどし応募お待ちしています。
  • COMMENT
超気まぐれテロ的サプライズ更新ブログ
  • CALENDAR
09 2019/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31


fxwill.com
  • PLOFILE


■HN:ZACCO (しゅうぞう)
■Birth:19xx.01.27
■SEX:♂
■Blood Type: A
■Home:Tokyo
■Favor:酒,肉,金
■Characte:ヨゴレ
■Contact:
skyglaxy-lj@infoseek.jp

★Amebaでもブログやってます
そちらもよろしくお願いします
http://ameblo.jp/skygalaxy/
  • BBS
雑談掲示板


  • WEATHER
  • RANKING
ブログランキング・にほんブログ村へ

人気ブログランキングへ
  • BLOG SEARCH
  • QR CODE
Copyright © 2007-2009 ZACCO All Rights Reserved.
*Powered by NinjaBlog
*Graphics By R-C free web graphics *material by フリー写真素材 Futta.NET *Template by Kaie

忍者ブログ [PR]